毛受延洪

(めんじゅ?)

生没年:1598〜1666年/ 身分:越前松平家の家臣/ 官位(通称、号):将監

 毛受延年の五男。毛受家は三河田原の豪族。延洪は三河の生まれで、松平忠昌に召抱えられて、大坂の陣に従軍し功があった。その後、順調に出世し千石の領主となり、1666年1月27日死亡。法名・真証院釈受西禅定門。福井の長休寺に葬られる。妻は島田重貞の娘。

管理人・・・名前の読み方が分かりませんでした。

参考文献:越前人物志・福井市史 資料編 4

UPDATE 2011年1月21日
Copyright (C) 2011 Tikugogawa.