大井田房仲

(おおいだふさなか)

生没年:生没年不詳/ 身分:越前松平家の家臣/ 官位(通称、号):監物

 越後の生まれ。上杉景勝の旧臣。佐渡で一城を与えられて2万石を領していたが、理由があって去り、結城秀康に召抱えられた。大坂の陣に従軍したが、松平忠昌の代に暇乞いをして、僧侶となり道夢と号する。しかし忠昌の願いで息子二人共々再び召抱えられた。その後、順調に出世し法体のままで旗奉行を務める。光通の代に隠居して隠居領200石を与えられた。

管理人・・・・・・上杉家時代に活躍した覚書や大坂の陣での書付などを残したそうです。

参考文献:三百藩家臣人名事典

UPDATE 2011年4月22日
Copyright (C) 2011 Tikugogawa.