極楽寺(玉田院の墓・長田作左衛門の墓)

Pocket

住所:東京都八王子市大横町7-1

 浄土宗。1504年、鎮誉即也によって滝山城下に創建された。滝山城主・北条氏照が居城を八王子に移すと当寺も移転されたが小田原征伐の際に兵火で焼失する。その後、八王子周辺の代官となった大久保長安が当地に再建した。
 本尊の阿弥陀如来像は八王子市の有形文化財に指定されている。

(山門)

(本堂)

(墓地の一角に建つ仁科盛信の娘・玉田院(小督)の墓。武田家滅亡の際、武田信玄の四女・松姫と共に八王子に逃れ、長ずると大久保長安の助力で玉田院を建立し住した。墓は玉田院跡にあったが1715年、盛信の子孫・資真が現在地に移している)

(山門から本堂に行く途中の参道脇に建つ長田作左衛門の墓。作左衛門は八王子の町割りを担当したといわれているが否定説もある。写真は1852年に親族が建立した供養塔)

(鐘楼と門)

感想:大久保長安は武田家の関係者に救いの手を差し伸べていたのですね。八王子市に行ってイメージが変わりました。


写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA