徳島県史跡巡り2010(後編:三好長治・一宮成祐の墓、由岐城・海部城)

Pocket

4.由岐城・・・海部郡美波町西由岐愛宕山にある。城主の由岐氏は長宗我部氏の侵攻に恐れをなし1578年頃に降伏したという。
感想:この辺りから風雨が強くなったため、適当に山だけ撮影してすぐに去った。由岐氏にそんなに思い入れもないし・・・。



5.海部城・・・徳島県海部郡海陽町鞆浦にある。海部氏の居城。1575年、阿波侵攻の第一歩として長宗我部軍に落とされた。
感想:一度来ていたけど石碑があるのを知らなかったので取り直しに来た。前、来た時みたいに天気が良ければ景色も良かったんだろうなあ。
(海部城跡の碑)

(海部城)

(森村春と判形人の墓)



6.阿波吉野城・・・海部郡海陽町吉野字西久保1にある。海部氏累代の居城だったが、少し奥まったところにあったため、長宗我部氏の侵攻に備えて海沿いの海部城に移ったという。
感想:田んぼの中にぽつんと碑があった。後ろの山が詰めの城でこの辺りには平時の館があったらしい。



 これにて史跡巡りは終了。2時間半くらいかけて徳島市に戻った。
感想:海からの風と雨が・・・。撮影するのが精一杯で構図とか考える余裕はまったくなかったTT
 後世神社も含めて次はもうちょっと天気が良くて余裕のある時に来よう。

写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA