2015年四国史跡巡り(5日目その3:源義経の像・阿波夷山城・一宮成祐の墓)

Pocket

25.源義経公之像・・・徳島県小松島市芝生町旗山。1185年に義経が小松島市に上陸して高松市の屋島で戦ったことから1991年に旗山に建てられた。足元から弓の先まで約7メートルあり、騎馬像では最大である。

感想:国道55号からいつも見ていましたが、今回は初めて間近で見ました。写真では分かりませんが、とにかく大きい。


26.阿波夷山城・・・徳島県徳島市八万町。南北朝時代は八万城と呼ばれた。戦国時代には細川真之・篠原氏・庄野氏が城主となる。1582年11月、阿波一宮城主・一宮成祐が当城に呼び出されて謀殺されたことで知られる。四国攻め後、廃城になった。
 現在、一部が圓福寺公園になっている。

(遠景)

感想:碑があったらしいのですが見逃しました。山頂の付近は立ち入り禁止になっています。

27.一宮成祐の墓・・・徳島県徳島市八万町。元親に謀殺された一宮城主・一宮成祐の墓(供養塔?)である。

感想:この辺りは道が狭いため気を付けて下さい。




写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA