四国史跡巡り2009(1日目後半:重清城・岩倉城・脇城・王子神社)

Pocket

7.重清城・・・徳島県美馬市美馬町字城53番地にある。長宗我部元親と三好(十河)存保の争奪戦の舞台。当初、三好氏の城だったが、謀殺され長宗我部軍の手に落ちてしまう。十河軍が3千の兵で攻め奪い返したものの、長宗我部軍の逆襲で再び元親の支配下となった。
感想:土塁や堀の整備は良い・・・が本殿(?)の荒れっぷりはひどい。こんなにひどく荒れている本殿は今まで見たことがない。これは震度4くらいの地震で崩れてしまうのではないだろうか・・・。子供が秘密基地とかにすると危ないので美馬市には何とかしていただきたい(重清城は市の指定史跡になっている)。
(堀)

(これですわ・・・。中はゴミとか捨ててあり、あまりにもひどかったのでお見せできません><)



8.阿波岩倉城・・・美馬市脇町田上にある。東に1キロほどの場所にある脇城と共に阿波西部の重要拠点だった。三好氏の城だったが1579年に城主・三好康俊が長宗我部軍に降伏。しかし本能寺の変の直前に康俊が三好側に帰属したため、長宗我部軍によって落城した。その後、長宗我部一族の比江山親興が守備したが、1585年の四国征伐で黒田如水によって落とされている。その後、廃城。
感想:名前を良く聞くので一度は行ってみたかった城。ここまでの道が狭く苦労した・・・TT
(城に続く道)

(伝・三好康俊(式部大輔)の墓)

9.脇城・・・美馬市脇町脇町にある。三好氏の城だったが長宗我部軍によって落城。四国征伐時には長宗我部親吉が守備したが、豊臣の大軍の前に敗走している。その後、阿波九城の一つとなり、蜂須賀家の家臣・稲田氏が入ったが1638年に廃城となった。
感想:時間が無くて空堀などには行けなかったTT



10.王子神社・・・藍住町徳命元村東にある。中富川の戦いの戦死者を弔った祠。毎年、10月1日に祭礼が行われる。
感想:『戦国BASARA 武将巡礼Vol.3長曾我部元親』に載っていた中で、唯一知らなかった史跡だったので行ってみた。書いてある通り、本当に田んぼの真ん中にあるよ・・・。収穫が終わった後じゃあないと行けない場所だ。
 なぜに戦国BASARAの本はここを紹介したのか理解に苦しむ。若一王子神社の方がいいと思うんだけど。
(さて神社はどこでしょう?)

(正解はここです)

(何とか近くにたどり着きました。看板が倒れていたので取りあえず見えるように立てておきました。後ろにビニールハウスがあったので、写真はこれが限界><)

 暗くなってきたのでこれにて史跡巡りは終了。徳島市で知り合いと会って飲んで遅くまで歴史について話す。このせいで翌日の体調が・・・。
感想:夜中から夕方までぶっとおしの行動でとにかくきつかった。そろそろ歳を考えて行動せんといけんなあ。

写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA