飛鳥井少将雅賢住居跡と墓

Pocket

●飛鳥井少将雅賢住居跡と墓
住所:島根県隠岐郡海士町海士
駐車場:あるが島にレンタカーが無い(レンタサイクルはある)

 慶長14(1609)年7月、後陽成天皇の信任が厚かった猪熊教利の自宅で、花山院忠長・飛鳥井雅賢・烏丸光広らと女官が集まり酒宴乱交が行われていたことが発覚。天皇は激怒し京都所司代・板倉勝重に調査を依頼した。結果、教利は死罪、忠長は蝦夷に流罪となるなど大勢が処罰される。
 雅賢も流罪となり同年11月頃、隠岐に流され海士町海士を住居とした。そこで当地の有力者で後鳥羽天皇の世話をしたという由緒をもつ村上氏と交流するなどして過ごし、寛永3(1626)年に亡くなる。その村上家には雅賢遺愛の蹴鞠が伝わっている。
 延宝8(1680)年、四代将軍・家綱が亡くなった際に孫の藤若が赦免されている。

(飛鳥井少将雅賢住居跡の碑)
飛鳥井少将雅賢住居跡の碑

(雅賢の墓)
飛鳥井雅賢の墓

(墓の横にあった標柱が倒れていた。本道から墓までの道に雑草が生えていたので、参拝する人がいないのだろう)
標柱

感想:両方とも後鳥羽天皇を祀る隠岐神社の境内にあります。


写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA