桑名史跡巡り2006(萱津古戦場・大福田寺)

Pocket

今回、三重県の長島に夕方から用があったので、行くついでにいくつかの史跡を廻ってきました。
萱津古戦場跡・・・愛知県甚目寺町の上萱津にある萱津古戦場の碑。織田信長と織田信友が尾張の覇権を巡って戦った場所。尾張戦国史では重要な戦いらしい。今は碑があるだけ・・・。
ここに車で行く際の注意ですが、十字路が多く時間帯によっては子供がぼんぼん遠慮なしに飛び出してくるので気をつけてください。
(萱津古戦場碑。消防車の車庫の横に案内板もなくぽつんとありました)

蟹江城・・・愛知県蟹江町にある城。小牧長久手の戦いで羽柴方に属したが、徳川家康・織田信雄連合軍に落とされた。道が狭くて車でたどり着くのは不可能なので、近くの歴史民俗資料館に停めて歩くのがいいでしょう。
大福田寺・・・桑名市にあるお寺。市内では由緒あるお寺らしい。ここの住職を通じて高松久重戸村義国の文通をした。
寺の方に久重のことを聞きましたが、まったく分からないとのこと・・・。当然か・・・。
(大福田寺。初詣は結構な賑わいになるらしい)

長島城・・・説明が必要がないほど有名な城。今は小中学校になっています。
今回は買ってきたPLフィルターを使っての初の撮影。
違いがあるかな・・・。正直、よく分からない><

写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA