金岡城(城八幡宮)

●金岡城(城八幡宮)
住所:高知県安芸郡芸西村和食
駐車場:無し

 和食氏の城だったが、天文年間(1532~1555年)頃に東に進出してきた安芸氏の城となる。永禄12(1569)年の八流の戦いの前哨戦では安芸国虎の家臣・黒岩越前ら500兵が守備し、長宗我部軍2000を三日に渡り食い止めたが抗しきれず撤退している。
 昭和後期まで遺構があったようだが土地の整備により無くなった。現在、城趾の一角には城八幡宮が建っている。

(城八幡宮の鳥居)
鳥居

(城八幡宮の社殿)
社殿

(黒岩越前を偲んで近年に詠んだ歌の碑。「ふきおろす 秦のはたかせ はけしきに ひとりなひかぬ かなおかの松」と刻んであった)
碑

感想:周囲の道が狭く駐車スペースもないため車を駐めるのに苦労しました。少し下った東側の道が広いので、そこなら駐めることができます。ですが自己責任でお願いします。


写真の提供についてはこちらをクリック




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA