常通寺跡(長宗我部氏の菩提寺)

●常通寺跡
住所:高知県南国市岡豊町常通寺島
駐車場:無し
 長宗我部家18代目当主・雄親が創建し菩提寺とする。永正5(1508)年頃、雄親の長男・元秀(兼序)が周辺の豪族に居城の岡豊城を落とされた際、兵火で焼失。その後、岡豊城に戻った元秀の長男・国親が当寺を再興する。元親の代には土佐郡石立村(高知市石立町)を経由して大高坂城の北側に移された。明治時代、竹林寺と合併している。

(入口に建つ五輪塔)
入口

(寺跡には土佐西国八番札所の観音堂が建っている)
土佐西国八番札所観音堂

感想:地元の方の話によると西の住宅地を挟んだ畑の辺りも寺の跡だったらしいので、そこも常通寺の境内だったのかもしれません。


写真の提供についてはこちらをクリック




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA