斗賀野城(米森玄蕃の居城)

Pocket

●斗賀野城
住所:高知県高岡郡佐川町西組
駐車場:無し

 二ノ部城とも呼ばれる。寛正3(1462)年、土佐守護代(又守護代とも)の大平氏の一族が当地の代官に任じられて米森氏を名乗った。翌年、津野氏の侵攻を阻止するため築城されたと思われる。元亀元(1570)年、長宗我部元親への降伏を是としなかった城主・米森玄蕃は長宗我部軍に攻められ南門大木戸の辺りで戦死した。その後、城攻めで功のあった元親の家臣・安並但馬が入ったが、米森氏を慕っていた領民に攻められ落城している。
 現在、城址の本丸と思われる部分には八幡宮が建っている。

(全景。見ての通りの独立丘)
全景

(山頂にある八幡宮の鳥居)
八幡宮の鳥居

(八幡宮の拝殿。ここが本丸跡だと思うのだが…)
本丸跡

(南門大木戸跡には昭和8(1933)年に建立された米森玄蕃戦死之跡の碑がある)
米森玄蕃戦死之跡

感想:周囲の道が狭く車を駐めるところが無かったため苦労しました。入口も分かりづらく地元の方に聞いてやっと辿り着きました。


写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA