2015年四国史跡巡り(3日目その2:元親井戸)

Pocket

 長宗我部盛親公慰霊之碑の除幕式も無事に終わったのでホテルに戻ろうと思ったが、せっかく長浜まで来たので一ヶ所だけ史跡に寄った。

12.元親井戸・・・高知市種崎。当地は長宗我部元親が造船所を造った土地で、元親井戸はその際に掘られた8つの井戸のうち唯一現存するものである。
 ここは探すのにかなり手間がかかると思っていたが、井戸があると聞いていた辺りのお店の方に聞いたところ、「あそこにある赤井戸のことじゃないか」という話になった。そこでお店の方が向かいの家に聞かれると、その井戸だということが分かり家にお邪魔して見学させていただいた。

(普段は落ちると危険なため蓋がしてある。昔は銭湯の源泉や飲料水として使っていたような話をされていたが、今は海水が混じっているらしい)

(井戸の近くから見た浦戸湾と浦戸大橋。中央の丘が浦戸城)

(案内していただいたお礼に買ったゆずポン酢)

感想:地図を載せようと思ったが、個人宅にあるので勝手に侵入されて井戸に落ちる事故でも起こされたら責任が取れないのでやめた。行きたい方は自分で調べて行って下さい。
 それからホテルに戻って仮眠を取った後、高知駅裏の鍋焼きラーメン屋に行って慰霊之碑の除幕式のニュースを見ながらラーメンを食べた。

(慰霊碑の竣工記念にいただいたちりめん)


写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA