2015年四国史跡巡り(2日目その2:長宗我部元親飛翔之像)

Pocket

 高知県立歴史民俗資料館の開館時間になったので、岡豊別宮八幡宮を降りて資料館に向かった。お目当ては「大坂夏の陣400年 長宗我部遺臣それぞれの選択」だったのだが、偶然にもこの日が長宗我部元親飛翔之像の除幕式だったので、えらいことバスや車が来ていた。
 遺品や説明をじっくりを見た後、受付で図録を買おうとしたら
「今回の企画展は図録がありません」
 そ、そうなの…(T_T) 資料として欲しかったのに…。でも、そこで14:30から学芸員による説明があるということを知った。もう一度来よう。
 コピーしたい資料があったので高知県立図書館に向かう。しかし日曜市とゴールデンウィークが重なり大渋滞しており駐車場を探すのに30分くらいかかった。
 その後、目的の資料はコピー出来たので、ひろめ市場で焼きサバ寿司を買い、座るところが無かったので車の中で食べた。

(でかい。量が多くて食べきれなかった。そして車の中がサバ臭くなってたまらんかった)

 それから資料館に戻ると飛翔之像除幕式の直前だったので様子を見ることにした。朝より車が少ないのが不思議だった。天気が崩れたせいかも。

(資料館の元館長・宅間先生や)

(尾崎知事が挨拶していた)

(除幕の前に弾みで幕が降りたので急いで直していた。深い理由はないけど高知だからこういうのもありかな、と思ってしまった)

(長宗我部鉄砲隊が火縄銃を放つと今度は正式に除幕)

(これが完成した像。賛否があるようだが、地元や全国のファンの方の寄付でせっかく出来たんだし部外者がどうこう言うことでも無いような気がする。邪魔になるわけでもないし)

(この日本人らしくない顔がいかんという人がいるらしいが…日本人じゃないような顔をした像なんて他にもあるけど…)

 除幕式の途中で資料館に戻り学芸員の説明を聞く。大事な話が聞けたので録音しておけば良かった…。覚えているのは展示されている槍の前で「撤退する時は邪魔なので槍を折って槍先だけを持って逃げるんですよ」という話だけ。勿体ない。

(資料館でやっていた問題に答えたらもらえたグッズ。自宅に戻って早くも無くした…(T_T))

 それから高知市に中心部に戻ってお酒を飲みに行った。高知のお酒、久しぶりに飲むと旨いな。

(カツオのタタキや)

(クジラの竜田揚げなどを食べた)

 飲んだ後、ホテルに戻った。

(帰る途中に通ったはりまや橋。夜になっても結構人がいるな)




写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA