高知・愛媛思いつき史跡巡り2011(2日目:伊予松山城・子規堂・秋山兄弟生誕地)

Pocket

 1月30日(日)、高知市内でゆっくりと朝食を取った後、松山市に移動。

8.伊予松山城・・・愛媛県松山市丸之内1。現存天守が残る城の一つで、門や櫓なども多数現存している。
感想:今回のメインは昨年に出来た加藤嘉明の像。しかし本丸に登った後に像は下のロープウェイ乗り場にあると知った。松山城が文化財の扱いなので城内には建てることが出来なかったらしい。
 前回はそのロープウェイを使ったが、今回は下からじっくりと登ってみた。いい城だねえ・・・。

(二の丸の石垣)

(友達が「坂の上の雲」で主人公達が花火を上げたところじゃないかな、と言っていた。言われてみればそんな気もする)

(筒井門)

(天守。前回、入ったので今回はここで引き返した。よしあき君ってここにいったっけ? 2年半前に来た時は売店の前にいたような気が・・・)

加藤嘉明の像)


9.道後温泉・・・松山市道後湯之町5-6。小説「坊ちゃん」で有名になった名湯。
感想:ここには別の目的があって来た。

(近くの喫茶店から撮った写真)

(このキャラクターのグッズを買いに来たのが目的)

10.子規堂・・・愛媛県松山市末広町16-3。正宗寺内にある。正岡子規が17歳まで過ごした邸宅を復元して1946年に建てられた。子規の遺品などがある。
感想:寒くて何があったのか覚えていないくらい早々に立ち去った。もう少し暖かければじっくり見たのだが・・・TT

(子規堂)

(夏目漱石の像。首だけって恐いんですけど・・・)

(子規遺髪塔)

 次の場所に移動中している際、見えた伊予松山城。


11.秋山兄弟生誕地・生家・・・松山市歩行町2-3-6。秋山好古・眞之兄弟の生家。秋山家は松山藩の徒目付で松山城からほど近いこの地に家を構えていた。1945年に空襲で焼失したが、2005年に復元された。
感想:加藤嘉明の像のすぐ側だった・・・。気がつかなかった。

 まずは秋山兄弟の一生をDVDで見た後、館内の方に説明を受けた。二人兄弟じゃなかったのね。初めて知った。

(生家)

(秋山好古の像)

(秋山眞之の像)


 本日はこれにて終了。大阪に戻った。
本日の感想:今治市にも行きたかったけど、時間がなかったので断念した。バリィさんグッズは松山市で買えたしね。
 二日間、付き合ってくれたN君、ありがとう! 5年後にまた会いましょう!

写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

高知・愛媛思いつき史跡巡り2011(2日目:伊予松山城・子規堂・秋山兄弟生誕地)” への2件のコメント

  1. >月菜さん

    よしあき君は前からいましたが、目立ってきたのはここ最近かも・・・。
    漱石の作品は小学生の頃、何作か読みました。読みやすかったという記憶があります。多少、文章に手が加えてあったのかもしれません。

    松山市が「坂の上の雲」関連に力を入れているので、秋山兄弟の史跡やミュージアムが点在してます。
    遠くて大変だと思いますが機会がありましたら機会がありましたら是非^^

  2. 加藤嘉明もゆるキャラのいる戦国武将の仲間に入られておめでとう。(笑)
    夏目漱石の像だって生首に見えて怖いですね…。
    漱石の作品をまだ読んだことがありません(^^;)
    かなり有名なのにね。
    いつか秋山兄弟に関する史跡を巡りたいな。
    先に東郷平八郎の史跡を巡りたいけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA