2012年四国史跡巡り(1日目その1:久万俊宗・勝賀野実信の墓)

Pocket

 2012年4月28日(土)、久々に長い休みが取れたので四国を4分の3周(高知・愛媛・香川)することにした。
 目覚まし設定のミスで2時半に起きるつもりが4時。急いで準備したが宝塚で大渋滞に捕まってしまい、高知に着いたらすでに12時だった・・・TT
 取りあえずサニーマートで昼食とデザートを買う。

(サニーマートの四国フェアで売っていた『バリィさんの焼豚たまご飯』)

(同じくサニーマートで手に入れた『もっち餅バリィさん』)

 昼食を済ますと史跡巡り開始。

1.久万俊宗の墓・・・高知県須崎市浦ノ内灰方。四国征伐後、灰方に隠居しそこで没した俊宗の墓がある。
感想:かなり迷って最後は諦めて帰る、と想定していたのだが、意外にあっさりと辿り着けた。事前準備と近所の方の協力の賜物だ。灰方地区の皆様、ありがとうございました!

(久万俊宗の墓)

(久万家累代の墓。久万家の方はすでに東京に移られたため、近所の方が管理されているんだとか。管理されている方の家を通る必要があるため必ずお願いしてから入りましょう)


2.勝賀野実信の墓・・・土佐市蓮池芋岡。吉良親実の家臣で長宗我部家の家督騒動の際、討ち死にした実信の墓(正確には昭和29年に建てられた供養塔)。
感想:ここは市役所から送ってもらった地図が間違っていて難儀した・・・。小丘の上にあるというので行ってみたら上がる道がない。おかしいと思って近所の方に聞いたら「実信の墓のことは知らんけど、墓地なら北側にあるよ」とのこと。乗せていってやると言われて一つ北の通りにある丘まで連れていてもらった。そこにはしっかりと実信の墓の案内版が・・・。
 ここでも地元の方にお世話になりました。いや、市役所の方にもお世話になったけど。近いところまででも教えてもらって無ければ辿り着けなかった。

(案内板)

(実信の墓。小丘の上にある一般の墓地から少し降ったところに建つ。夏は草が生えて行けなさそう・・・)




写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA