四国一周史跡巡り(2日目:聖通寺城・丸亀城・善通寺・天霧城・仁尾城)

Pocket

 平成20年4月27日、体力が回復したので、朝7時過ぎから史跡巡りに出発した。
11:聖通寺(しょうつうじ)城・・・香川県宇多津町坂下にある。奈良氏の居城だったが、長宗我部元親によって攻略された。四国征伐後は、仙石秀久に与えられるが、戸次川の戦いの失態ですぐに領地を没収されている。
 この積石塚古墳が城跡の一部。ここは仙石秀久の投石によって出来たという伝承で有名な場所である・・・って案内板に書いてあったけど、まったく知りません^^; 仙石さん、あんまり興味ないので。

12:羽床城・・・香川県綾川町羽床下にある。羽床氏の居城。長宗我部元親に攻められ降伏したが、四国征伐後も領主として生き残った。しかし翌年の戸次川の戦いに参加し、当主が戦死。羽床氏は歴史の表舞台から消えている。
 ここは場所が本当に分からんかった。最初は神社のあるそれっぽい小山に行ったら全然場所が違って、何度も何度も地元の方に聞いてやっとたどり着いた。ごめんなさい、行ってからレポート書く間にどの辺りにあったか忘れてしまいましたので、詳しく場所を説明できません。
 肝心の城は竹だらけで入り口ですぐ行くのやめた。碑くらいまでは行きたかったのだが・・・。

13:丸亀城・・・香川県丸亀市1番丁にある。言わずとしれた現存天守がある城・・・なのだが、天守を見た時、「これ櫓?」って思っちゃった(天守は櫓の発展したものなので、似ていて当然なんだけど)。石垣や門は立派なんだけどなあ・・・。

14:玄要寺・・・香川県丸亀市南条町にある。臨済宗のお寺。
 ここに浅井井頼の墓があると聞いていたのだが、ここ数年で住職さんが立て続けに変わられ、今の住職さんは他のお寺と兼任で玄要寺のことは詳しくご存じなく、見つからず仕舞い・・・。近所の方にも聞いて墓地を一緒に探していただいたが、やはり見つからず断念>< こうやって歴史がどんどん失われていくんだな・・・。
 ここで長宗我部を通して交流がある岩兵衛さんに連絡を取って合流地点である善通寺に向かう。善通寺に着くと奥様とご一緒に待っていただいていた。お待たせして申し分かりませんm(._.)m しかもわざわざ私の史跡巡りの順番の都合だけで、離れた善通寺まで出てきていただいてすいませんm(._.)m
15:善通寺・・・香川県善通寺市善通寺町にある。1558年に近くの天霧城を攻めるためにここに本陣を構えた三好義賢によって焼かれた。空海生誕の地とされている。
 岩兵衛さんと会ったばかりで緊張して、あまりきちんと写真が撮れなかった。私、人見知りが激しいんだよね・・・。

 それから唯一食事を済ませていない私のためにうどん屋に連れて行ってもらいました。食事後に、次はどこに行こうかと考えたが、お寺は早めに閉まるという理由で、善通寺から一番離れた雲辺寺山に行こうということになった(というか、これも私のわがまま)。
16:雲辺寺山・・・香川県観音寺市と徳島県三好市の境にある。私は香川県側からロープウェイを使って登った。四国八十八ヶ所の第六十六番札所にあたる。長宗我部元親がこの寺で「四国の蓋になる」と宣言した逸話はあまりにも有名。長宗我部ファンの聖地(と私は勝手に思っている)。
 この日は残念ながら本堂が修復中だったものの、元親が見たであろう讃岐・阿波・伊予の風景が見られて良かった。こうやって見ると広いな、四国って。ここから見える風景のほとんどを手に入れたのだから元親ってやっぱり偉大なんだなあ・・・。
(讃岐平野。霞んでなかったら最高だったのに)

(本堂。残念・・・。また来よう)

17:西長尾城・・・香川県まんのう町長尾にある。長尾氏の居城。1580年に長宗我部元親がこの城を讃岐攻略の拠点として利用した。
 標高375メートルもある上に時間も無かったので、麓の碑を撮影して終了。近くに長尾氏の墓がある超勝寺というお寺もあったのだが、入り口が分からず断念。

18:天霧城・・・香川県三豊市三野町にある。香川氏の居城。香川氏は三好氏など勢いのある家に属しながら、半独立を保ってきたが、長宗我部元親の攻勢には耐えられず、次男の親和を養子として降伏し、元親の家臣として働いた。しかし四国征伐で香川氏は讃岐を追われて、天霧城も廃城となっている。
 ここは登山をするには危険な場所だと聞いていたので、登るのはパスして遠目に写真を撮るだけにした。その代わり、近くの弥谷寺にある香川氏歴代の墓には行った。

19:仁尾城・・・香川県三豊市仁尾町仁尾丁にある。現在は覚城院というお寺になっている。細川氏の居城だったが、1579年に長宗我部元親によって落とされた。その日が3月3日のひな祭りだったので、この土地では現在でも城主をしのんでひな祭りが8月1日に行われる・・・らしい。
 石垣がちょっと城っぽかったかな。

 史跡巡りはこれで終わり。岩兵衛さんご夫妻とは別れて、宿のある愛媛県の川之江(現在は四国中央市。この名前はいかがなものかという気がするが)に向かった。この日も食事を簡単に済ますと早めに寝た。
感想:史跡巡りが忙しかったのと、緊張して岩兵衛さんとあまり長宗我部トークが出来なかった。それが今回の心残り。機会があれば、岩兵衛さんとゆっくりと長宗我部氏について語り合いたい。何にしても岩兵衛さんご夫妻にはいろいろとお世話になりましたm(._.)mm(._.)m
 史跡の中では何と言っても雲辺寺に行けたのが嬉しかった。今まで二度ほど四国に行ったが、二度とも近くを通ったにも関わらず都合により断念したので、嬉しさもひとしおだったTT
 だが、感動に浸っている場合ではない。まだまだ旅は続く。明日からは愛媛県だ!

写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

7 thoughts on “四国一周史跡巡り(2日目:聖通寺城・丸亀城・善通寺・天霧城・仁尾城)

  1. >柳葉すくもさんへ
    仁尾城の謎が解けましたでしょうか。私は上でも書いていますが、「またCCDにゴミか?四国の写真が全部台無しだTT」と思って、少し焦りました。UFOどころじゃなかったです。

    岡豊城、周辺には長宗我部関係の史跡が多数ありますので、それだけでも半日は楽しめ?ますよ。城に建っている高知県立歴史民俗資料館も、展示品や売っている本は長宗我部ファンにはたまらないものが多数ありますし。

  2. >岩兵衛さんへ
    ありがとうございます!

    善通寺からうどん屋辺りまではガチガチでしたよ>< 本当にあがっていました。
    土居清良さんは・・・戦国好きの方と話していてもなかなか出てこない名前ですね^^;
    近くって案外行かないまま終わることが多いので、お時間のある時に讃岐の史跡も廻ってみてください。岩兵衛さんの場合はまずないと思いますが、突然の引っ越しとなった時に「行っておけば良かった・・・」って後悔することになりますので。

  3. なるほど、仁尾城の謎はそういう事だったのですね(^^)
    ホントにUFOみたいに見えます。(笑)

    岡豊城・・・まだ行ってません。(T_T)時間の都合で行けませんでした。

  4. 旅行お疲れ様でした。一緒に見た風景の写真がレポートで見れるのは良いものですね。
    筑後川さんは人見知りと言ってましたが、話が出来て良かったです。伊予の土居清良さんの話なんて普通の人だったら絶対に話題に出てきません。
    レポートで初めて知った事もあったので私も讃岐の史跡巡りをしたくなりました。

  5. >キヘイジさんへ
    雲辺寺山は霊山ですから神秘的な雰囲気を感じました^^

    私としては四国の先も狙っていたという逸話も残っていますから、「取りあえず四国」だっただと思っています。

    仁尾城上空は私もブログに載せる際に「なんだ、これ?またCCDにゴミか?」と思って、元の画像を確認したところ・・・鳥でした^^ サイズを小さくしたので分からなくなっただけでした。

    >柳葉すくもさんへ
    長宗我部ファンなら一度は訪れたい場所ベスト5に入るんじゃないでしょうか。私がもしどの史跡も行ったことがなかったら3位に選びますね(1位:元親の墓、2位:岡豊城)。

    羽床城は近所の方の話だと別の道で行けたようなのですが・・・。それらしい道もあったのですが、時間の都合等でやめました。そんなに思い入れがあるわけでもなかったですし。

    ということで仁尾城の写真の点は上記のような理由でした^^

  6. なるほど、「聖地」ですね(^^)
    長宗我部ファンなら一度は行きたい場所ですね。私はまだ、行った事ないんです。元親と同じとこから眺めてみたい☆

    羽床城・・。荒れてますね・・・。進めません。(T_T)

    ええっ!UFO!?(@_@;)
    さっそく戻って見てみました。ホントだ!未確認飛行物体ですね!!

  7. 雲辺寺山いいですね〜。まさに聖地に相応しい雰囲気です。
    僕は、元親の「蓋をする」という表現に、四国に対する強い思いと、ちょっとした悲しさを感じます。
    「天下布武」の信長には理解できないだろうなあ。

    仁尾城上空にUFO?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA