津柳合戦跡(寒川氏と三好氏の古戦場)

Pocket

●津柳合戦跡
住所:香川県木田郡三木町奥山津柳
駐車場:無し

 戦国時代、昼寝城主・寒川元政と十河城主・十河景滋は不仲で度々交戦していた。大永6(1526)年、三好元長は景滋からの要請に応えて千人の兵を送り阿波から国境の三木郡津柳に侵攻する。しかし元政は動きを把握しており津柳に伏兵を置いて、休んでいた三好軍を急襲。更に間道を通って背後からも攻撃して散々に打ち破った。これを津柳合戦と呼び、同年12月4日のことであったという。
 三好軍は敗走して植田城に逃げ込んだが、体勢を立て直すと景滋らと共に寒川郡に攻め入り民家に火を放つなど乱暴を働いた。しかし香西氏・香川氏が元政を援護しようと一宮(高松市一宮町)まで出陣したため阿波に撤退している。
 古戦場は合戦田、戦死者を葬った場所は塚田と呼ばれている。

(合戦田。以前は耕作する方がおられたため畑になっていたが、現在は荒れている)
合戦田

感想:場所を特定するのに苦労しました。塚田がどこなのかは調べていません。

参考文献:三木町史、讃岐人名辞書、香川県の歴史散歩


写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA