本多作左衛門重次墳墓

Pocket

●本多作左衛門重次墳墓
住所:茨城県取手市井野

 松平清康・広忠・家康に仕えて「鬼作左」と呼ばれた本多作左衛門重次の墓である。豊臣秀吉の勘気に触れ、小田原攻め後秀吉の命令を受けた家康により上総古井戸(千葉県君津市)に蟄居させられた。のち当地に移され文禄5(1596)年に亡くなる。

墳墓

感想:住宅地にあり車で入れるような場所では無さそうだったので近くに駐めて歩いて行きました。
 生まれたのは三河大平村(愛知県岡崎市大平町)と書いてありましたが、生誕地の碑は愛知県岡崎市宮地町の犬頭神社にあります。どういうことなんでしょうか?


写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA