小山寺(富谷観音)

●小山寺
住所:茨城県桜川市富谷2190

 天台宗。富谷観音の通称で知られる。天平7(735)年に行基が開基したと伝わる。当初は長福寺と号していたが鎌倉時代に現在の寺号となった。寛正6(1465)年、下妻城主・多賀谷朝経が大檀那となり三重塔が再建される。
 三重塔や本堂などの伽藍と本尊の木造十一面観音菩薩坐像などが国や県の文化財に指定されている。

(県指定文化財の仁王門)
仁王門

(仁王門の天井。多分、綺麗だから写したのだろう。自分にしては珍しい)
天井

(大杉)
大杉

(県指定文化財の鐘楼)
鐘楼

(国指定重要文化財の三重塔)
三重塔

(縁結地蔵)
縁結地蔵

(県指定文化財の本堂)
本堂

感想:曖昧な記憶ですが、この時はお腹を壊していて急いでトイレに行きました。
 三重塔ですが、寛正6(1465)年は資料やネットの情報によって「建立」と「再建」に分かれています。前に建立されたものがこの年に再建されたと思いますが。私は棟札や刻銘を調べようとは思わないので、気になった方は調べてみて下さい。


写真の提供についてはこちらをクリック




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA