関ヶ原史跡巡り2008(午前:関ヶ原ウォーランド)

Pocket

 2008年10月11日、内々で関ヶ原でオフ会をしようということになった。天気が心配されていたが、集合時間には関ヶ原も晴れて絶好の史跡日和となった。
 午前10時、橘さん・秋さん・柳葉さん・月菜さんと関ヶ原駅で合流。私のボロ車に乗っていただく。
 すぐに関ヶ原町歴史民俗資料館に移動。中でグッズを買うだけ派と見学&グッズ派に分かれる(私はグッズを買うだけ派)。グッズは使えるものじゃないと、すぐにどこかに行っちゃうので湯飲みとお酒を買った。
 ここが終わると、橘さんお待ちかねの関ヶ原ウォーランドへ。
 日本珍スポット100景というサイトによると「ここは珍スポットハンターの間で大人気の名所」らしい。今、このブログを読んでいただいている方でご存じない方はいないと思いますが、関ヶ原の戦いに参加した武将のコンクリート像があちこちに並んでいるという施設です。
 百聞は一見にしかずということで、像の一部を御覧いただこう。

藤堂仁右衛門

藤堂新七郎


長宗我部盛親

 シュールというかなんというか・・・。これで入場料700円が高いか安いかは、行かれた時にご自分の目で判断してください。しかしマイナーな武将までカバーしているなあ・・・、と思いきやなぜか逆にメジャーな武将がいなかったり。基準がよく分かりません。

 次からが本格的な史跡巡りです。 関ヶ原2008(午後)に続きます。

写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

2 thoughts on “関ヶ原史跡巡り2008(午前:関ヶ原ウォーランド)

  1. >橘さんへ
    ウォーランドは一人だと絶対に行かないので、いい機会だったと思います。こちらこそありがとうございましたm(._.)m
    そういえば朽木元綱いなかったですね・・・残念ですTT

    藤堂家、高虎も含めて3人もいましたね。仁右衛門は分かるんですが、なぜに新七郎・・・?って感じでした。活躍したみたいですけど。

  2. お付き合い、感謝いたしますm(__)m
    朽木元綱がウォーランドのパンフレットには載っているのに、実際には居ませんでしたね。
    藤堂家を重視してるんでしょうか。個人的には戸田重政の息子(内記、重典)とか異常にマニアックなのを所望していたのですが 笑
    新七郎は知らなかったので、筑後川さんのサイトで勉強していきます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA