笹野観音堂(長命山幸徳院笹野寺)

住所:山形県米沢市笹野本町5685-5

 真言宗。置賜三十三観音霊場第十九番札所。坂上田村磨呂が笹野山の中腹に観音堂と羽黒大権現を祀る神社を建てたのが始まり。806年、現在の地に本堂が建立される。戦国時代には伊達政宗が野始めの際に訪れていた。上杉家の領地となると初代景勝・二代定勝・三代綱勝・四代綱憲・九代治憲・十二代斉憲の時代に修築・再建が行われている。

(仁王門)

(千体地蔵堂。本尊の「いびた地蔵」は中風封じのご利益があることで知られている)

(1843年に再建された社殿様式の笹野観音堂)

(笹野観音堂の彫り物)

(1832年に豪商・渡辺伊右衛門が建立した延命地蔵菩薩石仏)

(みちびき観音)

(弘法大師堂)

感想:観音堂の茅葺きの屋根が歴史を感じさせてくれました。




写真の提供についてはこちらをクリック