小坂観音院(諏訪御料人の供養塔)

住所:長野県岡谷市湊4丁目15―22

 諏訪大社の社坊だったが、のちに諏訪藩の祈願所となる。武田信玄の側室・諏訪御料人は勝頼を生んだのち、当院で暮らした。現在はあじさい寺として知られている。

(門)

(本堂)

(柏槇。弘法大師が諏訪に来た際に植えたものといわれる。樹齢1200年以上)

(弘法大師の像。像の数は日本一なんじゃないんだろうか)

(諏訪湖を望む。一説には信玄の遺骸は石棺に納められ、諏訪湖のこの辺りに葬られたという)

(諏訪御料人(由布姫)の供養塔)

(顔抜き看板)


写真の提供についてはこちらをクリック