京都市史跡巡り2011(1日目:東本願寺・蓮光寺・山中幸盛の墓・阿弥陀寺)

 2011年4月2日(土)、1年振りに京都に行く。京都駅に着くと桜目当てなのか人でごった返していた。

1.東本願寺・・・京都市下京区烏丸通七条上る。浄土真宗大谷派の本山。1272年、親鸞の娘・覚信尼が東山大谷の地に御影を安置したのが始まり。1602年、徳川家康が土地を寄進し現在地に移った。
感想:浄土宗と浄土真宗のお寺は、宗祖・法然八百回大遠忌と宗祖・親鸞七五〇回大遠忌で混雑しているはずだったが、東日本大震災の影響で諸々の行事が春から秋に延期されたらしい。

(御影堂門)

(御影堂)

(鸞恩(らんおん)くん。親鸞七五〇回大遠忌のPRするためのゆるキャラらしい)

2.蓮光寺・・・下京区富小路通六条上る本塩竈町534。長宗我部盛親の菩提寺。もっと知りたい! 長宗我部元親を出版できた報告を盛親さんにするために寄った。

(長宗我部盛親の墓)





3.薩摩藩志士之墓・・・上京区相国寺門前町。相国寺の東門の側にある。西蛤御門の変・鳥羽伏見の戦いで戦死した薩摩藩士72名の墓。
感想:次の目的に向かう途中に、たまたまあった。

4.本満寺・・・上京区寺町通今出川上ル2丁目鶴山町16。日蓮宗本山。1410年に開基された。山中幸盛(鹿介)の墓がある。
感想:ここは桜が咲いていたため、アマチュアのカメラマンで賑わっていた。本堂も説法の最中だったので、そちらも賑わっていた。

(山門をくぐったところに咲いていた桜)

(本堂)

(山中幸盛の墓。刻んである文字の一部が欠けていた)

5.十念寺・・・上京区寺町今出川上3丁目鶴山13。浄土宗。1431年、真阿が足利義教の帰依を受けて誓願時内に一坊を建てたのが始まり。1591年、豊臣秀吉によって現在地に移された。足利義教・曲直瀬道三らの墓がある。
感想:事前に調べておらず、たまたま入っただけだったのでお墓は分からなかった。

(山門)

(曲直瀬道三顕彰碑)

6.阿弥陀寺・・・上京区寺町通今出川上る2丁目鶴山町14。浄土宗。天文年間(1532~1555年)、清玉の開基。本能寺の変の際、織田信長と親交のあった清玉は本能寺に駆け付け信長・信忠父子や家臣の遺骸をこの寺に埋葬した。1587年、現在地に移転。

(本堂)

(織田信長信忠討死衆墓所)

(森三兄弟(蘭丸・力丸・坊丸)の墓。上記の墓の右にある。灯籠?に隠れていたため気がつかないところだった)





7.誓願寺・・・中京区新京極通三条下ル桜之町453。浄土宗。667年、天智天皇の勅願で奈良に創建。鎌倉時代に京都に移転され、1591年に豊臣秀吉によって現在地に移転される。渡邊勘兵衛了一族の墓がある。

感想:墓地に行くにはお寺で申請書への記入が必要です。

(渡邊勘兵衛の墓)


 この後は特に目的も無く、先斗町をぶらぶらした後、駅に向かった。

(先斗町。こういう普通の風景写真をしばらく撮っていないなあ・・・)

(駅に向かう途中にあった出雲の阿国の像)

 まだ明るかったが疲れていたので、ホテルでゆっくりした。

写真の提供についてはこちらをクリック