姫路城

住所:兵庫県姫路市本町68

 1333年、赤松氏が砦を築いたのが最初といわれている。戦国時代には小寺氏・黒田氏が城主となり、黒田孝高が1580年に中国攻略に来た羽柴秀吉に城を譲った際、天守台が完成した。
 関ヶ原の戦い後は、家康の娘婿・池田輝政が西国と大坂城への抑えとして52万石の大名となり入城。この時、池田氏は姫路城を大改修をしている。池田氏が三代続いた後、続いて入ってきたのが、本多忠勝の長男・忠政である。忠政は長男・忠刻と千姫のために西の丸を整備。これにより現在の姫路城の形ができた。その後を松平氏などが城主となり、酒井氏の時代に明治維新となる。
 維新後、城は不要となり神戸清一郎という人物が23円で落札したが、建物の除去に莫大な金がかかるということで権利を放棄。そのため建物が残った。太平洋戦争では姫路の空襲のときに三の丸が燃えたものの本丸・二の丸は戦災を免れている。1993年には広島の原爆ドームなどと一緒に世界遺産に登録され、世界の姫路城となっている。

(濠)

(三の丸)

(菱の門)

(天守)

(天守から市内を望む)

コラム:城内を解説してくれるガイドさんがおられるんですが、ガイド料が2000円だそうです。私はそれを知らなくてガイドさん付きの家族と一緒に廻っていたら『タダ聞きするな』と注意を受けてしまいました><




写真の提供についてはこちらをクリック




兵庫県史跡巡り2010(4日目:坪谷御廟・村岡陣屋・山名豊国の霊廟)

 2010年7月13日(火)、全国で大雨警報が出ているが帰るしかない。そして史跡に行くしかない。
 国道9号線をひたすら東に移動。長い・・・そして工事が多くて渋滞が多い。やっぱり山陰は不便だな。

17.坪谷御廟・・・美方郡香美町村岡区。山名豊国が藩祖の村岡藩歴代藩主の御廟の一つ。3~10代及び重臣(太田垣氏など)の墓がある。

(入り口。正面の墓石群が重臣の墓)

(山名氏歴代の墓)

18.村岡陣屋・・・美方郡香美町村岡区村岡723。因幡守護だった山名豊国は関ヶ原の戦いで東軍に付き6700石を与えられる。豊国と2代は村岡区福岡に陣屋を置いたが、3代・矩豊が村岡に移転。以来、村岡は宿場町として栄えた。現在は公園となっており遺構らしきものはほとんどない。
感想:雨の日の誰もいない公園は寂しいのう・・・。

(復元された陣屋門)

(公園の一部)

19.法雲寺・・・美方郡香美町村岡区村岡2365。山名氏の菩提寺。山名氏に関する資料を多数保管しており資料館で見ることが出来る。全国山名氏一族会の総事務局もある。
感想:どなたもお見えじゃなくて資料館を開けてもらえず諦めて帰った。お寺の人を待とうかと思ったけどいつ戻られるか分からんかったし。

(山門)

(資料館)


20.一二峠御廟・・・美方郡香美町村岡区萩山。山名豊国の供養塔がある。
感想:地図で見たらとんでもない道だったので心配していたら、普通の農道で普通車も楽々だった。兵庫県だもんな・・・。
 去年、行こうとして来られなかった場所。でも、こんなに遠いなら行かなくて良かった気がした。鳥取市からも1時間以上かかるし。
 ここの地区は商店街などあちこちで二両引きの家紋が使われていた。あまり評判のよろしくない豊国だが、ここでは慕われているようなことが書いてあった。まあ因幡では大国の論理に振り回されて変節漢のような行動を取るしか無かったわけで責められる謂われはないんだけど。

(山名豊国の霊廟)


21.「藤堂高虎公ゆかりの郷」の木碑跡・・・兵庫県養父市大屋町加保。羽柴秀長に仕えていた藤堂高虎は但馬制圧に向かい毛利側と激しい戦いを繰り広げている。そしてその戦いが縁で一色修理大夫の娘と婚姻しこの辺りで新婚生活を送ったという。木碑があったが数年前に朽ちて撤去された。新しい碑が建てられる予定がある。

(ご覧の通り)


 これにて史跡巡りは終了。普通に中国自動車道に出て帰ろうと思ったが、日本海ルートでもそう時間に大差がないとカーナビが言うので、高速代も安いし渋滞も少なそうなそちらを選んだ。ということで福知山まで出て無料の高速道路で小浜に行き、山越えをして木之本から高速道路に乗って帰った。
本日の感想:但馬地方はどこから行っても遠い・・・。とにかくあの雨の中、何事もなく帰り着いて良かった。

写真の提供についてはこちらをクリック




兵庫県史跡巡り2010(2日目前半:洲本城・洲本八幡神社)

 2010年7月11日(日)、天気は良くないが梅雨なので仕方がないだろう。

12.洲本城(下の城)・・・洲本市山手1-1-27。蜂須賀家が淡路を与えられた当初、淡路の中心は由良成山城だったが城下町を形成するには手狭だった。そこで洲本に戻したが山城だった洲本城(上の城)は近世の統治をするには不便なため、新たに平城を築いている。それが洲本城(下の城)である。石垣などが残っている。

(碑)

(庚午事変を描いた小説「お登勢」の主人公・お登勢。NHKでドラマ化もされた。誰かに似ていると思ったらドラマで主役を演じられた沢口靖子さんでした。めっちゃ笑顔)

13.洲本八幡神社・・・洲本市山手2丁目1-10。蜂須賀氏及び稲田氏の祈願所だった。洲本城の一部が移築された金天閣がある。
感想:金天閣を写すのを忘れた・・・TT

(日本三名狸の一匹・芝右衛門)

(門)


 ここで淡路はお終い。そのまま帰っても良かったけど香川県を通った方が料金がほぼ一緒で距離も近いので、ついでに香川県の史跡も廻ることにした。結局また四国に来たよ・・・。
 後半に続きます。

写真の提供についてはこちらをクリック