宝円寺(前田利家の両親の供養塔)

住所:福井県越前市高瀬1丁目25ー4

 曹洞宗。1388年、直伝正祖が創建した。1573年、織田信長が越前を治めていた朝倉義景を攻めた際に兵火で全焼。しかし越前府中城主となった前田利家が当寺の住職・大透圭徐に帰依し再興し、両親の菩提を弔った。利家はその後、加賀に移封された際にも金沢に宝円寺を建立している。
 1584年に再び兵火によって全焼したが、利家の息子・利長が再建している。その後、1821年と1931年に火災にあうが再建し現在に至る。

(総門)

(総門の側に建つ微笑延命地蔵尊)

(総門の側に鎮座する前田利家像)

(十三仏堂)

(六地蔵堂)

(右が道元、左が瑩山の像)

(山門)

(本堂。前田家の家紋がありました)

(庭園)

(利家の両親の霊廟)

(利家の父の供養塔)

(利家の母の供養塔)

感想:石像が多く香川県の田村神社與田寺と同じ雰囲気がした。
 山門など趣があって良かったのに、それを壊している感じがちょっと残念。いや、事情は分かりますよ、分かりますけど…。


写真の提供についてはこちらをクリック