ノートパソコン(K52F-SXP6200)を更に換装した

 CPU交換(ノートパソコン(K52F-SXP6200)のCPUを交換した)したが、調子に乗って前に書いたノートパソコン(K52F-SXP6200)を更に速くする計画を立案を2016年10月に実行してみた。

1.CPUを換装
 現行の『Core i5-450M』から『Core i7-640M』に換装する予定だったが、8000円と高いし発熱量が心配だったので、無難に2500円(中古)とお手頃な『Core i5-560M』に変更。
 換装の手順は前回の『P6200』から『Core i5-450M』と同じなので省略。

(『Core i5-450M』のベンチマークテストの結果)
ベンチマークテスト

(『Core i5-560M』のベンチマークテストの結果)
ベンチマーク(換装後)

 1.3倍くらいにはなった。体感速度は・・・あまり変化無し。

2.ハイブリッドHDDへの換装
 古いPCのため『Serial ATA 2』なのでSSDは勿体ないと思い、SSDをキャッシュとして使用するハイブリッドHDDを購入。どうせならと思い32GBのSSDを使用しているSEAGATEのST1000LX001を買った(他は8GBがほとんど)。
 交換の方法はカバーを開けて差し替えるだけなので、こちらも省略。

 ベンチマークテストの結果はこんな感じ。

(前に使用していたHDD(MAL21000SA-T54)の結果)
MAL21000SA-T54

(換装後)
ST1000LX001

 見方は良く分からんが数値は高くなっているから性能は上がったのだろう。

 OSの起動だが、前は60秒くらいかかっていたのが30秒くらいになった。しかしごく稀に前と変わりないくらい時もある。どうもSSDにキャッシュされるアルゴリズムによるらしい。
 ソフトの起動は前と変わらない。

 結果的に金をかけた割には大した違いは無かった。OSの起動は早くなったものの予想通り完全な自己満足。でもここまで性能を上げたので、マザーボードが壊れなければWindows10にアップグレードして2020年以降も問題無く使えそう。

写真の提供についてはこちらをクリック




2016年を振り返って

 皆さんが今年の総括のような記事を書かれているので自分も真似してみます。今年は中国地方から一歩も出ませんでした。

1月
・広島県の安芸地方の史跡を廻りました。

(一度は行きたいと思っていた安芸鏡山城の主郭)
鏡山城

3月
・講演会で山口市に行きました。

(仁保氏館跡)
仁保氏館跡

5月
・25年振りに鳥取県の大山に登りました。

(大山山頂から弓ヶ浜半島方面を望む)
弓ヶ浜半島方面

6月
・この月だけではないですが、島根県の出雲地方を廻りました。

(宇龍浦)
宇龍浦

12月
・岡山市での講演会に参加したついでに史跡を廻りました。

(牛窓神社から讃岐方面を望む。来年は四国に行きたい・・・)
讃岐方面

 趣味の歴史に関しては特に成長も退化せず変化の無い一年でした。来年もひっそりとやって行きます。皆様、来年も御指導よろしくお願いします。

写真の提供についてはこちらをクリック




鳥取県中部地震の風評被害?

 先日、職場の人に鳥取県倉吉市に行くと話したら
「被害の状況を見て楽しむのか」
「被害に遭っている人達の邪魔になる」
 と言われた。
「行ってお金を落としてあげたいだけだよ。ほとんどが普通の生活をしているらしいし邪魔にはならんだろう」
 そう話しても
「とにかく復興の迷惑だ。ボランティアなら行ってもいい」
「大体、行った時に地震が起きたら危ないだろう」
 と譲らない。

 まあ、相手も自分も被害の少なかった鳥取県西部の人間なんだけどね。

 後日、テレビに鳥取県米子市の皆生温泉でキャンセルが相次いでいるニュースが流れて、その人が一言。
「西部は地震の被害が無かったのに。風評被害だ」
 お前が言うな!
 県内でこれだから県外の人が鳥取県への旅行を躊躇するのも頷ける。

(羽衣石城から見た鳥取県湯梨浜町)
湯梨浜町

写真の提供についてはこちらをクリック