尾張大野城(山口重政の居城)

Pocket

住所:愛知県愛西市大野町郷前

 蟹江城の支城として築かれた。1584年、小牧・長久手の戦いで豊臣秀吉の配下だった滝川一益に蟹江城が奪われた際、当時の城主・山口重政は母を蟹江城内で人質に取られ豊臣軍から味方になるよう強要されたが拒否。徳川家康織田信雄に援軍を依頼したのが勝因の一つとなっている。重政はこの縁でのちに家康に仕えた。城は翌年の大地震で倒壊し廃城となる。

(城趾碑)

(碑の東側にある溜め池)

感想:同じ尾張地方の常滑市にも織田有楽斎や佐治一成が城主だった大野城があります。そちらは公園として整備され模擬天守も築かれているため、城主の知名度とあいまって一般に尾張大野城と言えば常滑市の方が知られています。




写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA