遍照院(三面大黒天)

Pocket

住所:愛知県碧南市鷲林町2-13

 浄土宗鎭西派。本尊は阿弥陀如来。南北朝時代、南朝方として活躍した菊池頼武は晩年、荒子(碧南市荒子町)に隠遁し、1387年に和国寺を創建する。末裔の片山道智は徳川家康と所縁があり、家康の母が葬られた伝通院の住職を開山として、1624年に和国寺を廃寺とし当地に遍照院を創建する。
 和国寺の時代、本尊だった三面六臂大黒天立像は、弘法大師の作と伝えられている。商売繁盛を約束するといわれ、5月と11月の三面大黒天春秋大祭は大いに賑わう。

(入り口)

(山門)

(三十三観音)

(本堂)

(延命地蔵と閻魔大王が安置されている地蔵堂)

(長寿地蔵尊)

感想:間違って解体修理中の隣のお寺に行ってしまいました。この辺りは道が狭いため車で行かれる方は気を付けて下さい。




写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA