黒羽城(大関氏の居城)

住所:栃木県大田原市前田

 那珂川と松葉川に囲まれた丘陵に建つ山城。1576年、大関高増が築き本拠地に定める。以後、明治維新まで大関氏の居城だった。現在は黒羽城址公園となっている。

(黒門跡)

(虎口)

(堀)

(堀と土塁)

(本丸その1)

(本丸その2)

感想:自分が見たのは一部だけですが、まだまだ遺構があります。




写真の提供についてはこちらをクリック




那須神社(坂上田村麻呂・源義家・那須与一・大関氏ゆかりの神社)

住所:栃木県大田原市南金丸1628

 祭神は天照大神・日本武尊・春日大神・応神天皇など。仁徳天皇の時代に創建された。坂上田村麻呂・源義家・那須与一が戦勝を祈願し社殿の造営や奉納を行っている。那須氏累代の崇敬が篤く、1355年には社殿の造営をしている。那須氏に代わって当地を治めた黒羽藩主・大関氏も氏神として崇敬し、1577年と1640年に社殿を改築している。

(参道)

(鳥居)

(しだれ桜)

(1640年に黒羽藩主・大関増栄が建てた楼門)

(拝殿。手前の石灯籠は黒羽藩主・大関高増が奉納したもの)

感想:私は時間が無くて行けませんでしたが、近くに那須与一伝承館があります。




写真の提供についてはこちらをクリック




宝寿院(那須氏ゆかりの寺)

住所:栃木県大田原市片府田1075

 真言宗。那須三十三観音第20番札所。創建された年は1233年説と1443年説があり定かではない。戦国時代には烏山城主・那須氏の篤い崇敬を受けた。

(山門)

(庭園)

(お願い地蔵)

(本堂)

感想:ここには戊辰戦争で亡くなった水戸諸生党・長岡藩兵の供養塔があったそうですが気がつきませんでした。




写真の提供についてはこちらをクリック