中村八幡宮(伊達家ゆかりの神社)

住所:栃木県真岡市中560

 祭神は誉田別尊。676年に天武天皇の命で建てられたと伝わる。永承年間(1046~1052年)、前九年の役の際に源義家が石清水八幡宮を勧請して戦勝を祈願したという。1189年、源頼朝も奥州藤原氏討伐の際に戦勝を祈願している。
 当地は陸奥伊達氏発祥の地(下野中村城を参照)で伊達氏から崇敬を受け、累代の当主が寄進や伽藍の造営・修築を行なった。伊達家ゆかりの寺宝も多数所蔵している。
 1736年、仙台藩主・伊達吉村が神馬を奉納したことから今日まで流鏑馬が行われている。

(鳥居)

(拝殿)

(神楽殿)

感想:桜の時期に行ったため写生をされてる方がおられました。




写真の提供についてはこちらをクリック