成覚寺(平清盛の孫・維盛の墓)

住所:三重県津市芸濃町河内1094

 浄土真宗。平重盛の嫡男・維盛は屋島の戦いの最中に陣を離れ、紀伊の那智で入水自殺する。しかしそれは見せかけで実際は生き残っており、家臣と共に当地に隠れ住んだという伝承がある。その後、維盛は清運寺を建立し1210年に亡くなったという。寺は真言宗から禅宗に変わり、1587年には浄土真宗となる。寺号も維盛の法号から成覚寺に変わっている。

(本堂)

(鐘楼)

(1796年に建てられた平維盛の墓。周囲の石塔は家臣のものだろうか)

(平氏発祥伝説地と同じくナギが植えられていた)

感想:寺には維盛の木像もあるらしいです。




写真の提供についてはこちらをクリック