清涼寺(豊臣秀頼の首塚・渡辺糺の墓)

住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46

 京都・嵯峨の清凉寺といえば、釈迦堂の名で広く親しまれてるとともに、浄土宗の元祖法然上人が、24歳の時に人々を救う仏教を求めて、同寺の釈尊像の前に7日間おこもりした由緒ある寺院。
 仁王門から入った広い境内には、本堂はじめ、阿弥陀堂、一切経蔵、薬師寺、宝物館、弁天堂、狂言堂、聖徳太子殿、法然上人求道青年像、鐘楼、豊臣秀頼公首塚、多宝塔など多くの堂塔が建ちならんでいる。
(清涼寺のホームページより引用)

(多宝塔)

(本堂)

(豊臣秀頼の首塚)

渡辺糺ら渡辺一族の墓)

コラム:渡辺一族のお墓は昔は案内板などがあったそうですが、今は訪れる方が激減したため撤去したとお寺の方が言われてました。
 豊臣秀頼の首塚ですが1980年に大阪城の三の丸から出土した秀頼の首を1983年に納めたもので、首に介錯の跡があったそうです。1998年までは5月8日に豊臣秀頼公忌があったそうですが、最近は行なっていないそうです。


写真の提供についてはこちらをクリック