岡崎市・豊田市プチ史跡巡り(鴛鴨城・松平広忠公廟所・甲山寺)

 2011年8月27日(土)、用事があったので岡崎市に行った。その前にちょろっと史跡巡りを。

・渡刈駅跡・・・豊田市渡刈町。1929年に開通した旧名鉄挙母線(大樹寺~三河豊田)の渡刈駅跡(開通当時は名鉄が運営していた訳ではないため名称は違う)。
 戦後は岡崎市からトヨタ自動車に通う社員などに利用されたが、モータリゼーションや名鉄・国鉄の事情により1973年に廃線となった。
 現在は鉄道跡が遊歩道となっている。
感想:前回、この辺りを史跡巡りした時の下調べで知って気になり行ってみた。トヨタ社員が利用していた路線がトヨタも含めた自動車会社のために起きたモータリゼーションのせいで廃線になるとは皮肉なものだな…。
 現在、この周辺は民家が少ないが、鉄道が存続していたらそれなりに発展したのだろうか。

(渡刈駅跡休憩所)

(線路跡に整備された遊歩道。この先の矢作川を越えたところに細川駅があった。名前の通り、細川氏発祥の地が近くにある)

 史跡と廃線跡って共通点があるよね、ってことで来てみた。ここからが史跡巡り。

1.鴛鴨城・・・豊田市鴛鴨町矢迫。鴛鴨松平家は松平家の分家。四代・忠久が西尾城の酒井家の付家老となったため廃城となった。現在は小高い丘に碑があるのみで当時を偲ばせるものはほとんどない。
感想:迷うかと思ったが、田園地帯の中にぽつんとあるためすぐに分かった。

(全景)

(碑)


2.松応寺・・・岡崎市松本町42。松平広忠が密葬された場所に、息子・竹千代(徳川家康)が小松を植えた。その後、桶狭間の戦いで独立した家康は、松が願い通り育ち、また独立できたことを喜び松応寺と名付けた。広忠が使用した床几などがある。
感想:小さな商店街の奥にある。車で商店街を通り抜けることができるので、境内に駐車可。

(寺の前にある商店街)

(梵鐘。戦時中、文化的な価値が高いとして供出を免れ、岡崎市の空襲の際も戦火に包まれたが破砕しなかった)

(本堂)

(松平広忠公廟所)


3.甲山寺・・・岡崎市六供町甲越17。松平清康が岡崎城の鬼門にあたる当地に安城市にあった薬師堂を移したのが始まり。松平広忠が当寺で祈願したところ、家康を授かった。それを契機に広忠は松平家の祈願所と定め護摩堂を建立している。
 家康は当寺の僧を従軍させ戦勝を祈らせたという。
感想:隣に岡崎市民会館があるので分かりやすい。出入りがしずらいが境内に車で入ることができる。地元の方が「今、甲山(かぶとやま)にいる」と携帯で話していたので、市民には甲山という地名で知られているんだろう。

(秋葉堂。安城から薬師堂と共に移された。当時は市民会館の駐車場にあったが1879年に移転された)

(護摩堂)

(甲山寺の北に建つ八幡宮。家康が岡崎城の鬼門除けの守護神を祀るために建てた。現在は菅原道真・徳川家康などが祀られている)


 史跡巡りはこれにて終了。昼からは人と会って用事を済ませた。

本日の感想:さすがに岡崎市は廻るところが無くなって来たな・・・。

写真の提供についてはこちらをクリック