賤ヶ岳

住所:滋賀県長浜市木之本町大音

 賤ヶ岳の名前の由来は、弘法大師が伊香具神社に参拝して一人の女性と出会った際「どなたですか?」と訊ねたところ、「西方に高き山あり。これ賤の住みたる所なる」と答えたことからだといわれている。
 ここは1583年に豊臣秀吉と柴田勝家が争った賤ヶ岳の戦いの舞台として有名である。現在は琵琶湖八景の一つとして観光名所になっている。

(碑)

(山頂にある銅像)

(賤ヶ岳の戦い戦死者供養の石仏)

(琵琶湖)

(余呉湖)

コラム:写真では伝わりづらいですが、山頂からの景色は最高です。歴史に興味のない方と一緒でも楽しめます。




写真の提供についてはこちらをクリック