中越・上越地方史跡巡り2008(1日目:移動)

 2007年12月31日(月)、ずっと行きたかった新潟県に行くことにする。「この時期に行かなくても・・・」という意見もあるだろうが、同行者が行くというので「正月に一人は寂しいなあ」と思ってついて行った。
 新潟には新幹線を使って東京経由(_|)で行く方法と特急などを乗り継いで長野経由(/)で行く方法があるが、のんびり行こうと言うことになって長野経由で行った。
 長野県に入った辺りから雪が結構積もってきた。「北に行けば行くほど雪が多いんだろうなあ」と思っていたら、松本付近は意外と少なかった。しかし、というかやはり新潟県に入ると半端じゃなく降っており、十日町でとうとう電車が遅れる事態にまでなってしまった。
(十日町駅。この雪じゃあ電車が遅れても仕方がないよね)

 30分後、やっと電車が到着。ほくほく線に乗って移動。その途中、列車の中が暗くなりBGMと共にイルミネーションが始まった・・・。こんなイベントをする鉄道会社もあるんだ。
(イルミネーション)

 そんなこんなで夕方に越後湯沢駅に到着。民宿の方にマイクロバスで迎えに来てもらって宿に行く。ちょっと休憩した後、20年ぶりのスキーに挑戦した。最初は曲がるのも怖いくらいだったが、30分もしたら勘が戻ってきたのか普通に滑れるようになった。「三つ子の魂百まで」だなあ。やっぱり子供の頃、やったことはそう簡単に忘れないね。スキーもいいかも、なんて思って楽しんでいたが、こんなに簡単に滑れるようになったのには裏があった。それはまた後日・・・。
 その後、宿に戻って宴会。新潟は酒どころなのでガンガン飲んで年を越してそのまま寝た。さあ、明日から史跡巡りだあ~(って出来るの?)。

写真の提供についてはこちらをクリック