関ヶ原史跡巡り2007(笹尾山・宇喜多秀家陣跡・松尾山)

 今日は関ヶ原に行ってきた。関ヶ原に行くのは6回目・・・かな? ずっと写真を撮り直しに行きたかったので。本当は去年の11月に行こうと思っていたのだが、「熊が出る」との情報でやめた。出会ったらシャレにならんし・・・ーー;
 今回は徳川家康最初陣跡(桃配山)以外ほとんど行った。最初はインター近くの本多忠勝陣跡。次は松平忠吉・井伊直政陣跡。そして関ヶ原歴史民俗資料館に車を停めて徳川家康最後陣跡(床几場)&田中吉政陣跡に行く。
 それから山内一豊陣跡(案内板だけ。大河ドラマで取りあえず建てられたっぽい)~丸山烽火場~決戦地~石田三成陣跡(笹尾山)と立て続けに行く。笹尾山は家族連れがたくさん・・・。遊び場になっているな・・・。

(笹尾山、この角度からは分からないが、人が本当に多かった)

 笹尾山から関ヶ原の全景を眺めると、再び動き出し島津義弘陣跡~開戦地~小西行長陣跡~宇喜多秀家陣跡と行く。宇喜多秀家陣跡では石碑の後ろから女性が出てきて「こんにちは」と言われたので、びっくりした。どうも石碑の後ろの碑文を読んでいたらしい。それから話しかけられたが、驚いてろくに返答できなかった・・・。陣跡に行ったことがある人は分かると思うが、ここは林の中にあって薄暗いので、驚きも2倍。

(宇喜多秀家陣跡。人もいないので昼間でもちょっと不気味)

 そこから平塚為広の碑に行くが、前は工事中だった道が出来ており、行きやすくなっていた。続いて歩いて大谷吉継の墓~大谷吉継陣跡と行く。それから車を移動させると福島正則陣跡~藤堂高虎・京極高知陣跡~脇坂安治陣跡と回る。
 それからいよいよ今回、一番面倒だった小早川秀秋陣跡(松尾山城)に。一度も登ったことがなかった。麓に駐車場があり、車を停めると登山。「片道40分」と書いてあったのだが、本当にそのくらいかかった。ひーひー言いながら、頂上に着くと・・・なぜか3人の方が宴会の最中だった。なぜ・・・?

(松尾山山頂)

(松尾山から見た関ヶ原。ここからは戦況が手に取るように分かったのが、良く分かる。こりゃ秀秋もどっちに着くか迷うわな)

 これで関ヶ原古戦場巡りは終わる予定だったが、時間が結構余ったので、続いて島津関係の史跡に行く。最初は島津豊久の碑。そしてかなり遠く(10キロくらい先か?)にあった島津豊久の墓。

(島津豊久の墓)

 最後に長寿院盛淳墓に行って終了・・・と思ったが、まだ時間が余ったので、南宮大社に行ってみた。これにて終了。

感想:同じ愛知県内でも知多半島や東三河よりずっと近いため、いつでも行けると思ってずっと行かなかった。これでもう関ヶ原には行くことはないと思うな。関ヶ原ウォーランドは行かなかったが、あそこはもういい・・・。

写真の提供についてはこちらをクリック