暴れん坊本屋さん3

今更ながら、「暴れん坊本屋さん3」を読みました。
 このマンガは、書店員兼漫画家の著者が、本屋で起こる様々な事件(?)、出版社と本屋のやり取りや本が届いて返されるまでのストーリーを面白おかしく描いているものです。
 本屋にお勤めの方だけではなく、本好きの方にもオススメです。
 これを読むと書店の裏が分かって楽しめたけど、本屋に勤めたくないなあ~、って思いました。
 私は肉体労働やお客さん相手の商売が苦手、しかもキャパシティーが少ないので、ちょっと忙しくなったり予想外のことが起きるとすぐにパニックになる・・・ーー;
 図書館の裏話もこんな感じで知りたいので、「暴れん坊図書館員さん(司書さん)」とかいうマンガでないかな・・・。でないよね、あっちは公務員(?)だし。

写真の提供についてはこちらをクリック