長久手の戦い史跡巡り2006

昨日は長久手の方と夕方から飲む約束をしていたので、早めに行って長久手の戦いの史跡巡りを行いました。
いろいろ調べるのは面倒だったので、長久手町ホームページの古戦場ウォークマップ(史跡全コース)をそのまま廻りました。
近場ながらあまり知らない戦いだったのですが、こうやって廻ってみるとなかなか興味深いですね・・・。今度、時間があったら調べてみようと思います。
しかし堀秀政、いいところに陣取ってたんだなあ・・・。
(血の池公園のものです。来週はどこかにお花見に行こうかな・・・。)


写真の提供についてはこちらをクリック




松本&上田史跡巡り2006(川島芳子の墓・仙石政俊のお墓)

平成18年3月18日、4年ぶりに長野県の松本市と上田市に行きました。
多賀神社・・・長宗我部康豊が大坂の陣後、落ち延びたと言われる神社。ネットで調べたときは大きな神社っぽかったが、行ってみると予想していたより規模が小さく、近所にあるようなふつうのものだった。
松本城・・・言わずとしれた国宝。写真の撮り直しに行っただけです。
広沢寺・・・大坂夏の陣で戦死した小笠原秀政・忠脩の墓があります。ここから見えた山々の風景が素晴らしかった。
(山々)

正鱗寺・・・戦国とは関係がありません。戦前、「男装の麗人」などと呼ばれマスコミに持ち上げられるが、戦後に中国で売国奴として処刑された川島芳子さんのお墓があります。どんな人かはネットで検索するなり本を読むなりして調べてみてください。
(川島芳子の墓)

ここまでが松本市。次からは上田市です。
芳泉寺・・・小松姫(真田信之の妻)、仙石秀久・政俊のお墓があります。仙石親子のお墓は小屋?(正式名称は分かりません)の中に墓があり、観音開きの扉を開けると見られるようになっていたので、ちょっと写真を写すのに抵抗がありました。
(仙石政俊のお墓)

上田城・・・ここも写真の撮り直しに行っただけです。城の下に広場が出来ていてすっかり新しくなっていました。でも、そこで若者が深夜まで騒いで問題になっているとか・・・。
上田駅・・・真田幸村像の写真を撮り直しに行きました。駅前の再開発で一時期撤去されましたが、見事復活しました。しかも後ろの六紋銭の旗印時計がついてパワーアップ。かっこいいです。
ちなみにこの幸村は地図で確認すると静岡市~浜松市辺りを向いているみたいです。やはり徳川を警戒しているのでしょうか。
(真田幸村像)

上田古戦場公園・・・看板を見たのでついでに行きました。村上軍と武田軍が戦った場所だそうです。
感想など:やはり上田市は遠かったのです。小諸市も行こうと思っていたのですが、上田で時間切れでした。予想していたとはいえ残念・・・TT
 今回の旅で一番感じたのは、ETCがあると便利そうだな、ということです。ゲートはさっと行けるし、割引もあるし。でもそこまで高速道路に乗るかという疑問もあるので、当分は見合わせます。
 あと前回の静岡行では大不評だったEZ助手席ナビでしたが、今回は大活躍でした。地図がいらない、とまではいかないですが、地図と一緒に活用するとかなり使えます。ただし一人で使うと違反になるので使えないのが最大の欠点です。

写真の提供についてはこちらをクリック




地元でのこと

出版したことは地元の人達には黙っておこうと思っていたが、いろいろあったらしくすでにばればれらしい。
しかも何人かはわざわざ買ってくれたらしい。ありがたいことです。
親に友達に黙っていたことを話したら「あんた、戻ってくるたびに変なところに行くのに足として使っていたんだから、感謝して本くらい送っていたと思ったのに・・・」と注意されました。
確かに水くさかったかも。今度、戻ったらなんかおごります。そしてこのブログで暗いことを書いていたのを読んで心配かけたみたいなので、心配させないような人間になろうと思います。
しかしそんなに変なところは行っていないぞ。月山冨田城・松江城・津山城・鳥取藩主池田家墓所・鳥取城・米子城・羽衣石城など、誰もが一度は訪れてみたいスポットばかりだ。
しかも友達の一人とは津山城を拠点に尼子再興まで誓ったのに・・・(その人は浅井ファンで確か尼子も好きだったと思う。要するに京極系がいいのだろう)。
ということでこれからもみんなよろしく!!
(美作の二大守護神。どちらもインパクト抜群。津山周辺に立ち寄られた際は是非見てみてください)


写真の提供についてはこちらをクリック